仕事のメンタルの鍛え方はスポーツ選手に学べ

仕事ができる人のメンタルトレーニング

メンタルの強さが仕事に活きる!

スポーツ選手に学ぶ!メンタルトレーニング

スポーツ選手に学ぶ!メンタルトレーニング
Pocket

スポーツ選手も緊張します

スポーツ選手も緊張します

多くのスポーツ選手には、大切な大会があります。4年に一度しかないオリンピックが最大の大会という選手も多いでしょう。このような場面で実力を発揮できるスポーツ選手は、誰よりもメンタルが強い人と言えるでしょう。緊張を乗り越えてさらに集中が極限に達する「ゾーン」に入る人もいます。「体が勝手に動いた」などとスポーツ選手が言うような状況です。ゾーンに入れる人は別格としても、メンタルが強い人とは、緊張する場面でも実力通りの力を発揮できる人と言い換えることができるかもしれません。スポーツ選手も生まれつきメンタルが強いわけでなく、メンタルを鍛えるためのトレーニングをしています。スポーツ選手と同様に、仕事の場面で実力を発揮するためには、緊張をする場面でも普段通りに行動ができるメンタルが必要です。

不安や緊張と仲良くなりましょう

不安や緊張と仲良くなりましょう

仕事を始める前に不安を感じる人は多いでしょう。失敗したらどうしようと思うと不安が増していき、必要以上に緊張してしまいます。人前で話すのが苦手な人は、人前で話して失敗をしてしまったらどうしようと思い、不安で心がいっぱいになってしまいます。不安が手足を緊張させ、喉を固くして、不自然な話し方にしてしまいます。
一流のスポーツ選手も不安を感じて緊張をすると実力を発揮できなくなります。そのために常に「本番」を見据えて練習を行っています。不安や緊張を感じる場面で実力を発揮するために、五輪当日の自分をイメージしながら練習をする人もいます。緊張をする場面で、自分がどのような状態になるか知っておくことが大切です。呼吸が早くなる、動機が激しくなる、汗をかくなど、自分が緊張をするとどうなるか知っておくと、もし本番でそうなっても動揺することはなくなります。

ルーティンを取り入れましょう

ルーティンを取り入れましょう

自分が緊張するとどうなるか知っておくことで対策を取ることができます。逆にどう行動すれば緊張をしにくいか、どのような考え方をすれば実力を発揮することができるかを考えていくことができます。
プロのスポーツ選手の中には、競技場のある一点を見つめることで緊張を消すことができる人がいます。集中力を利用して緊張をほぐす方法です。また大好きな音楽を本番直前に聞くことで緊張せずに本番を迎える人がいます。練習中からこのようなルーティンを取ることで「音楽さえ聞けば、いつも通りの力を発揮できる」と自分に思い込ませることができます。手の平に「人」書いて飲み込むルーティンはあまりにも有名です。緊張しそうな場面を職場で迎える時に緊張しないように、仕事前に行うルーティンを作ってみてはいかがでしょうか。机に座ったら目をつぶって10数える、美味しいお菓子を食べる、ストレッチを行うなど、簡単なことでいつでもできるルーティンを作り、緊張しない状態を作りやすくしましょう。